スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド 感想2 ダリウス、ルードハーネ

遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド ダリウスルードハーネ の感想です。

灰鷹の感想と並行して幻燈ロンドの感想も進めますー!

段々と暑くなってきました。そして雨(´・Д・)」
暑いのも紫外線も湿気も苦手なので夏は憂鬱です…。


感想記事はこちら → 感想1 クリアしての雑感


ネタバレ を含みます。お気を付け下さい。

遙か6はルードくんと村雨さん推しです╭( ・ㅂ・)و̑







クリア順に感想を書いていきます。


初回は誰からいこう!?と迷い、

やっぱり大好きな2人(ルードくんと村雨さん)は最後の方にとっておくべき? まずはダリウスか有馬さんか…

でもやっぱり最初はルードくんからいきたいーー!

……と、まずルードくんを中心に、ダリウスや有馬さんの好感度も上げていきました。

一・二章と順調に進み三章へ、ふと気が付くと、ルードくんのイベントが起こせなくなっている!!Σ:(・Д・;):

ダリウスとルードくんは、ここでどちらかのイベントしか発生させられないようになってるんですね…そうか…

ここまでの段階で、ダリウスが「どうしよう…とにかくこの人をこのまま放ってはおけない状態」だったので、まずはダリウスを幸せにしてくる!とそのまま進めることに。

1周目はダリウスになりました!


ダリウス

ダリウス
(CV: 鈴村健一)


ダリウスって、鬼の一族首領としての才を如何なく発揮しながらも、その実、内面はとても繊細で傷つきやすいというか……割と面倒臭い人ですよね(暴言)

梓に対して負い目があるために距離感を測りかねていて、自分からは気安く近付かないようにしている。
でも梓の方から近づくと、動揺しつつも嬉しそうなダリウスがそれはもう可愛かったです。

梓に「嫌いじゃない」と言われて、★シャララ~↑↑って絆が一気に80も上がるんですよちょっともう!ほんとにもう!!

これは絆される!!


ああ、本当に俺は……君が愛しいな」って、心から嬉しそうに言うの、ああああときめくーー(//>ω<*)

梓が自分の方を向いてくれるのが嬉しくて仕方ないんだね! 可愛い…可愛いよ!


自分が嫌われてはいないと知った後で、わざとルードくんの妹の話を持ち出して、梓の反応を伺い「焼きもちだったら嬉しい」ってニヤニヤしてるような残念なところが、すごくダリウスらしいなって思いました(・ω・)


あと印象的だったのは、梓ちゃんがばっさり言い切るところです。

ダリウス 「俺は残酷で闇が深い……

梓 「人より少しナイーブで繊細ってだけでしょ?

梓ちゃん強い!強すぎる!!ばっさり!笑 ひとたまりもないよ!

「弱いところも知ってそれを愛しいと思える」というのは、本当に相手のことが好きじゃないと生まれない感情だと思います。

それにしても、途中から急展開というかダイジェストのように一気に話が進んだのでびっくりしました。


過去を変えてやり直すのではなく、未来を変える、辛い出来事も悲しい出来事も失敗も全部受け止めた上で前に進む

黒龍の神子強い!そういう覚悟を持った考え方はとても好きです。
ちゃんと黒龍の神子をヒロインにした意味が感じられるのが嬉しい。


ダリウスから見て、梓ちゃんが本当に可愛くて仕方がないんだろうなというのが伝わってくるルートでした。

ダリウスの「俺の運命殿」という言葉に、心からの実感と愛情が込められているのが好き。



ルードハーネ

ルードハーネ
(CV: 立花慎之介)


ルードくん大好きです。今回も存分にニヤニヤさせてもらいました。


髪飾りと髪結いイベントが可愛いよーー!!
こっそり買うんじゃなくて、手作りしてくれるのがルードくんらしい!

お互い意識し合ってるのが可愛すぎてもう…(ノω`*)ノ
(この精神面での対等感と同じ目線で一緒に進んでいく感じがとても好き)

お互いに影響を与え合いながら自分の進む道や生き方を見つけて、二人で成長していく感じがたまりません。


天体観測でのやり取り、これがエンディングへの布石になってるんですね…!
(この後から、現代に関する話が増えてくる)

このイベントでの
あなたと過ごす時間もどうやらとても好きみたいです――あなたを帰してしまうのがもったいなくなるほどに

聞いた? 聞きましたかこれ?? ひゃあああルードくん! なんなのルードくん!好き!


ゴーグルを取って追いかけっこするのも可愛すぎました。
ルードくんのスチルどれも大好きです.゚+.(・∀・)゚+.

梓がこういうふうに、大人げない行動を取ったり怒った感情をそのままぶつけたりするのってルードくんと虎くらい…??(白虎の共通点そこなのかな…)

他の人相手だと絶対にしないような行動とやり取りを見せてくれるのがたまりません。


拠点イベントの停電でのやり取りも大好きです。

…あなたは私を試してるんですか? 私だって健康な男子なんですから自重してください

かわいいよーー( ;∀;) 試されてるのはこっちだよ!! ニヤニヤが止まらないよ!!


ルードくんの告白シーン、台所でというのも二人らしくていいんですが、せっかくの告白なのでもう少し盛り上がりが欲しかったです…。

せっかく両想いになったのに、その後はすぐにサラっとストーリーが進んでしまうのが寂しい。

できれば、告白はストーリー的に大きなイベントの間に挟み込む形ではなく、しっかりと一つのイベントとして見たかったです。(今回キャラによってそのへんの違いが大きい気がする…)

そして、ここまでコハクと虎の好感度もあげていたので、この告白シーンでの2人の反応はなかなか切ないものがありました。


告白シーンに少し思うところはあったものの、その後の「共に背負う誓い」イベントはすごく好きです。

その未来においてあなたは幸せなんですか? …私の居場所はありますか?
からの「――いつか結婚しましょう 梓さん」の流れが最高だった…_:(´ཀ`」∠):_

絆が強すぎてまぶしい…。


最後の二者択一は辛かったです。
藤堂さんがやけにあっさりと引いたと思ったら、こうくるとは…!

責任感の強い彼が自分の幸せに向かって走るまでの流れがとてもよかった。
そしてさすがの白龍、アフターケアまで万全です。

本編とは違って今回は現代エンドでしたが、帝都に残してきた思いとそのことに対する痛みを抱えながら、梓と一緒にいる未来を選んで進んでいく…というルードくんのモノローグが印象的でした。

彼がダリウスや鬼の一族のためにどれだけ頑張っていたのか知っているからこそ、自分の幸せ = 梓と一緒にいることを選んでくれた、その重みがすごい。

そして制服!眼鏡!! 現代版学生ルードくんの姿を見られて幸せでした。


→ 感想3 コハク、虎 に続きます

↓押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 乙女ゲー | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。