スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイドキックス!感想⑤ 全体感想

サイドキックス!全体を通しての感想です。

5月ですね! 映画の日だったので「美女と野獣」を見てきました(^^)
衣装と美術がすごかったです…!


感想記事はこちら   → SK1 チカ、1周目雑感
           → SK2 ヒバリ、シシバ
           → SK3 リコ、ノラ
           → SK4 ANOTHER SIDE


ネタバレ を含みます。ご注意ください。

【ネタバレ要注意!】
何も知らない状態でプレイする方が絶対に面白い作品なので、未プレイの方はお気を付け下さい










全体感想…まとめると「すごく楽しかったです!」の一言に尽きる ので、もう少し書くと、


現代もの、事件もの(サスペンス系)、キャラ全員でワイワイ、少しずつ謎が明かされていくストーリー、意外な真相……などが好きな方にはとにかくオススメです。

テンポよくサクサク進むのでプレイしやすく、なによりストーリーが面白い。
とにかく先が知りたい!と夢中になって読み進めました。

サクっと進むのでプレイ時間もそんなにかかりませんが、だからといって物足りない!ということもありません。

全体的に演出が海外のテレビドラマっぽいです。毎回イントロOPで始まるのが好き。

あと映像のカメラワーク?がとても好みでした。下を映してから上に段々上がっていく感じとか、臨場感たっぷりで良い!


それから、舞台設定と世界観の作り方がとても丁寧でうまいなあと思いました。

私の勝手なイメージかもしれないので少し言い方に迷いますが、アメリカが舞台になっているので、拳銃やドラッグなどが関わる内容や、保護制度や司法取引などの設定にも違和感がありませんでした。

日本を舞台にしていたらこの雰囲気と空気感は絶対に出なかっただろうし、だからといって架空の近未来ファンタジーにすると今度は事件に関わる人たちのリアルさが足りない気がするので、その辺のバランスが本当にきっちりハマっていると思います。


そして、ヒロインが大人(20歳)でいい意味でウブすぎないところが好きです!

恋愛的接触に過剰反応しないところがいい!
同僚・仲間としての信頼関係がある上でお互いに好意を持ってて良い雰囲気になったら、そこは拒まないよね!っていうリアル感があるのが好きです(=゚ω゚)ノ←


リアル感といえば、ちゃんと生活してる感というか、キャラクターたちが「この世界でちゃんと生きている感じ」がするところもとても良いです。


サイドキックスのメンバーたちは皆それぞれ何かを抱えていて、でも、それはそれとして、普通に毎日の生活(日常)を送っているんですよね、当たり前だけど。


うまく言えませんが、「傷や過去を抱えて、それをいかにも匂わせたりさらけ出して、物語として(ヒロインに)救ってもらうことを前提としたあからさますぎるキャラ」ではなくて、

何かを抱えつつも、毎日仕事をしてご飯を食べて、楽しいときには笑って…と、ちゃんと生活している感じ」があります。


現実でもそうですが、誰にでも他人に触れられたくない部分や過去のトラウマって、(大小の違いはあれど)何かしらあるものだと思うんです。

でも、それをあえてさらけ出したり、ある日誰かに出会って一瞬で全部解決される…みたいなことはとても少ない。(そんなことはほぼない)

色々抱えながらも、それぞれ生きて笑って日々を過ごしている。
その「日常を送っている感じ」がサイドキックスからは伝わってきます。


すべて解決して何の問題もないオールハッピーエンドにはならない。

だからこそ、自分を理解しようとしてくれる存在や、自分に寄り添ってくれる人がいるのって幸せなことなんだよー!…って、そんなことを感じる作品でした。


扱う事件の内容やテーマは重めですが、暗くなりすぎずに根底に明るさや強さがあるところ、しっかりと楽しいところも魅力的です。


欲をいえば、もっとゆっくりじっくり恋愛過程を見たかったよー!とか、シスイさん謎すぎて気になる!!もっと説明ください!とか、ツバキさんもクルミちゃんについてもぜひ!とか色々あるんですが、それを全部踏まえた上で、

展開が続くといいなと思います!!

ファンディスクとか続編とか設定資料集とかください!

↓押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 乙女ゲー | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。