スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年プレイ済ゲーム振り返り① 乙女ゲーム編その1 

すでに2月に入り今更感が半端ないですが、2016年プレイ済ゲームの振り返りその①です。


2016年に私がプレイしたゲームは全部で22本、内訳は乙女ゲーム18本それ以外が4本でした!


・ ランキング形式ではなくカテゴリ別です

・ 順位付けにすると挙げられる本数が限られるので、自分で勝手にカテゴリ分けしました(=゚ω゚)ノ

・ 同じ作品が複数のカテゴリに入っていたりもします



すべて書いた人の独断と偏見によるものです。 参考程度にどうぞ|ω・)

※ 挙げている乙女ゲームはすべてフルコン・トロコン済です。
内容の紹介はありますが、この記事内に物語の核心を含むネタバレはありません。







↓ まずはラインナップから


2016 年発売のプレイ済 乙女ゲーム


・金色のコルダ4
・ワンドオブフォーチュンR 
・ニル・アドミラリの天秤
・大正×対称アリス all in one
・越えざるは紅い花Vita
・ピリオドキューブ
・カラー×マリス
・悠久のティアブレイド
・Dance with Devils
・ゆのはなSpring! FD
・ノルン+ノネットAT
・コードリアライズFD
・セブンスカーレット


2016年発売ではない・プレイ済乙女ゲーム


・剣が君 for V
・NOISE
・黒蝶のサイケデリカ
・I DOLL U
・スイートクラウン


2016年発売・乙女ゲーム以外のプレイ済ゲーム


・オーディンスフィアレイヴスラシル
・初音ミク ProjectDIVAX
・ドラゴンクエストヒーローズ2
・ファタモルガーナの館 (3DS・DL版)


……以上の22作品をカテゴリ別に紹介していきます。




[一つの物語として秀逸 部門]

★これ乙女ゲーム…?なんて思っても、何だこれ掴めない…と思っても、途中で諦めずに最後まで見届けて欲しい。すべてプレイすることで物語の全体像が見えてきます



大正×対称アリス





文章にも内容にもヒロインにもかなりの癖があります。
……が、その違和感の正体をぜひ確かめて頂きたい作品。

最後までやることで全体像と物語の意味が見えてきます!

あと、大変危険な弟キャラがいるので挑んでください。グレーテルくんやばい。
(私は赤ずきんと魔法使いが好きです^p^)


感想記事はこちら → 対アリ



セブンスカーレット





自然に囲まれた、不思議な伝承が伝わる地で起こる事件―…。ミステリ風な空気を味わい方はこちらを。

いいか!途中で諦めるな!とにかく終盤まで進めるんだ!!むしろ本番はそこからだ!(修造さん風に)
真相ルートからが本番だと思う


感想記事はこちら → セブスカ

感想辛口です。でも乙女ゲームに何か別のジャンルを取り込んだ新しい傾向の作品は大歓迎です…!



黒蝶のサイケデリカ





繊細な感情が綴られた物語。 ストーリーの中でのタイトル回収がとても綺麗です。

乙女ゲームというよりも、物語を楽しむノベルゲーと捉えた方がすっきりする感じがします。

手さぐりで進めるうちに段々と全体像が見えてくるシステムが、正解の分からないパズルをしているようで楽しかったです。


感想記事はこちら → 黒蝶



悠久のティアブレイド





こちらもぜひすべて見届けてもらいたい作品。 最終エンディングを見届けた後の余韻が凄まじいです。
これもストーリーの中でのタイトル回収が素晴らしい。

乙女ゲームですがロボに載って戦います!
前半は皆でにぎやかワイワイ、個別ルートに入ってからは一気にシリアスに。

他作品にはない独自の演出やストーリが楽しめる作品。 応援してる!!


感想記事はこちら → ティアブレ




[魅力的な世界観に浸ろう!部門]

★独特の世界観はゲームの大きな魅力。さあ、浸るのです!現実に戻ってこれなくても知りません



ピリオドキューブ





オンラインRPGの世界に閉じ込められてしまったヒロインたちの、恋と冒険の物語。

オンラインRPGの世界観×乙女ゲームという意欲作です。

RPG好きの方はかなり楽しめるはず! メリーバッドエンド好きの方にもオススメ!
魅力的なサブキャラもいっぱいです。
(恋愛過程やバッド周りをもっと丁寧に描いてくれたら好みでした←)


感想記事はこちら → ピリキュー



ニル・アドミラリの天秤





15で終幕せず、25の年を重ねた「架空の大正時代」が舞台となっています。

和洋と新旧が混ざり合った世界観がとても魅力的。

本好きの方、レトロ好きな方、キャラ萌えしたい方にオススメしたい!世界観はもちろん、攻略キャラクターもサブキャラも大変魅力的です。「手書きの和綴じ本」って浪漫ですよね大好きです!


感想記事はこちら → ニルアド



黒蝶のサイケデリカ





こちらの部門でも紹介!

暗く閉じた謎の洋館という舞台と、とある過去を抱えたヒロインたちが織り成すストーリーとが引き立て合い、独特の雰囲気を生み出しています。その重めな空気感もこの作品の魅力の一つ。

シリアスなものがお好みの方はぜひ!


感想記事はこちら →黒蝶



悠久のティアブレイド





先程に引き続きこちらの部門でも紹介。

ディストピアもロボ対戦もSFも好きだ!


感想記事はこちら → ティアブレ




Vita版移植 部門]

★面白くて人気も高いから移植されるんですよね分かります



越えざるは紅い花





PC版(R18)→PSP→Vita と移植を重ねてきた作品。

ストーリー性が高いもの、揺れ動く心情ががっつり描かれた濃いものがお好みの方はぜひ!
追加要素もたっぷりなので、PC版しかプレイしてないな…という方にもVita版はオススメです。
そしてエスタを幸せにしてあげてください…( ;∀;)

(こっそり…PSPやVita版から入って逆にR18展開が見たい方はPC版をやるのです!あのキャラの真の変態っぷりはそこでしか味わえない)


感想記事はこちら → 紅花



ワンドオブフォーチュンR





こちらも PS2 → PSP → Vitaと移植を重ねてきた人気作品。
Vita版は本編とファンディスクが1本にまとまっているのでお得です。

ファンタジー、魔法学校、杖、ピンク髪の落ちこぼれ魔法少女、寮生活、属性……などにときめく方は一刻も早くプレイを!
ヒロインを愛でる方、カップリング推しの方には特におすすめ。

PS2・PSP版に比べ作業時間も削減され、プレイしやすくなりました。
描き下ろし含め、ルルのパートボイスなど追加要素もたっぷり。

作業あり・プレイ時間が長めなので、好きなキャラ・気になるキャラからの突撃推奨です!(※ただしアルバロは中盤でどうぞ)
毎日少しずつ、マイペースプレイ推奨。


感想記事はこちら →  ワンドR


各ゲームの詳細な感想はそれぞれの記事で語っています。もしよかったらそちらもどうぞ。

→ 振り返り記事② に続きます!

↓押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 乙女ゲー | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。