スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「百花百狼 ~戦国忍法帳~」 全体感想 歴史ものやシリアスな物語が好きな方におすすめ

御無沙汰しております。 年が明けてから、やっと2回目の記事です。

今年最初にクリアした乙女ゲーム、「百花百狼 ~戦国忍法帳~」の全体感想です。

シリアスなストーリーや歴史ものが好きな方におすすめ。


それにしても、間が空くとなかなか「ブログ記事を書く時間」が取れなくなってしまって駄目ですね。
またぼちぼち書いていこうと思います!


ネタバレ を含みます。ご注意ください。









フォロワー様にこの作品を好きな方が多くて以前から気になっていました。

先月PSストアにて期間限定でダウンロード版がかなりお買い得になっていたので購入。


な る ほ ど (・Д・*)!! 人気に納得。 面白かったです!

ストーリーもキャラクターもしっかりと地に足が付いていて、全体的にふわふわとしていないところが好印象でした。

えっと、ふわふわしている = 命が掛かっているのに理想論ばかり語ったり、力もないのに(行動は伴わず口先だけで)守りたい、争いは嫌、皆と仲良くしたいということ……みたいな意味です (※自分用語)



〈クリア順〉


月下丸 → 黒雪 → 蝶治郎 → 五右衛門 → 半蔵


五右衛門を最後にすると、とてもいい気持ちで終えられます!

……というアドバイスをもらったのにも関わらず、蝶治郎ルートで五右衛門が気になり過ぎたのと半蔵様がすごく好きな予感がして、あえて半蔵様を最後に回しました←

半蔵様を最後にしたので、五右衛門ルートで癒された後にキュっと引き締まる気持ちになりました。

それにしても、月下丸を最初にやっておいてよかったです…。 最初からすごい衝撃だった…。


初周、シリアスだよ、泣けるよ!と聞いていたので、気合を入れてプレイ開始。

月下丸と黒雪、この兄弟どっちも気になるーー!!いいねいいね!!
槐可愛いな!皆仲良くていいね!…シリアスって聞いてたけど今のところ明るくてすごく楽しいぞ!?

……とニコニコしながら共通ルートを進めていたら、まさかの 急 展 開! 


ええーーΣ(゚д゚|||) 
ちょっと、秀吉が殺されましたよ!?? どういうこと…!??

え、濡れ衣!逃亡! (それにしても家康様美形!)…、とさらに引きこまれました。

そこからは一転、シリアス…!! 最後まで目が離せなくて面白い!!


各ルートの感想はまた別で書くとして。


以下、全体的な感想です。


・短めのシナリオ分量でしっかりとまとまっていて、とても読みやすいです
(ストーリーの展開も早め。サクサク進みます)

・一文が短くて、歴史ものながら平易で分かりやすい表現。
・でもしっかりと人物が抱えている内面の重みや感情は伝わってきます。

綺麗な文章表現がとても好みでした。


癖や独特の表現のない分かりやすい文章なので、読み手によってはサラっと薄味に感じるかもしれません。

ストーリーに入り込んでその人物の言葉や行動、行間から想像を膨らませると、ものすごく楽しいです。

でも、もっと話の流れや内面を細かくしっかり描写して欲しい!! ストーリーの中で恋情が自然に高まる…よりも、このイベント!!というようなときめくシーンがたっぷり欲しい!というタイプの方からすると、展開が早すぎたり、入り込めない…と感じるのかもしれない、と思いました。(そういう感想もお見かけしたので、なんでだろうと考えてみた)


個人的には、とても読みやすくて好きなテキストです。
欲を言うならもう少し甘さを…!! その後の話が見たいですFDください!



ストーリーに関して


1周目はとにかく先の展開が気になって、真相や黒幕には驚きました。
……が、ルートによって黒幕が大きく変わったりするわけではないので、周回するごとにどうしても驚きや新鮮さは薄れていきます。 (そして真相がとても胸糞悪い…|ω・`)←)


でも、黒幕が大きく変わらない分、それぞれの人物の考え方や大切なもの、生き方などの「違う部分」が際立つので、そこが面白いです。

最後に全体をすべて通した上での種明かしや大きな謎が解明されたり…など、作品全体を通してあともう一つ何かあったらよかったかな、と思いました。 (五右衛門ルートが大団円の役割も兼ねていますよねこれ)


ヒロインの槐(えんじゅ)は、一緒にいる相手によって覚悟の強さや能力値が変わるので、ルートによっては「あああ、いつまでも甘いこと言ってないで早くこのルートでも覚悟決めて…!!」と感じてしまうところもありました。

ルートによる違いをどう捉えるかによって、印象が変わる子だと思います。
(純粋で真っ直ぐで優しい面を持ちつつも、世間知らずで甘いところ、確固たる自分の意志がないと感じる部分もある。それが一緒にいる相手によってどう変化していくのか、という部分を見ていくのが楽しいです)


とにかくストーリーが面白くて読みやすかったので、毎回個別ルートに入ってからはエンディングまでノンストップで進めていました。

皆好きですが、中でも特に好きなキャラは黒雪と半蔵です!…でも五右衛門も好きだ…。


→ 個別感想に続きますー!

↓押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
テーマ: 乙女ゲー | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。