スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「CLOCK ZERO ~終焉の一秒~」 発売6周年おめでとうございます! 

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~発売6周年おめでとうございます! 


2016年11月25日は、ゲーム内での重要な出来事である「神々の黄昏」が起こった日。
PS版の発売日も(6年前の)11月25日でした。

公式ツイッターもブログも、島さん供給をありがとうございます! 好きです!










PS2版の発売から6年。 6年前はTVの前で初回プレイから泣いていました。
移植を重ねるごとに嬉しい追加要素が増えて、舞台やコラボなどCZの世界も広がっていって、CZ好きさんがどんどん増えていくのが嬉しくて仕方ありません。

昨日から公式ツイッターに加え、先ほど公式ブログも更新されて嬉しさで泣きそうです。

ツイッターの方は、それぞれのキャラとCZの世界観を表したツイートの後に、まさかのヘルズエンジェルズネタで笑いました。
もう泣いたり笑ったり忙しい(´;ω;`)

公式ブログの方はSSに泣く… _(:□ 」∠)_

皆でワイワイしているのも可愛いし、なにより、レイン…!

あれはもう泣くしか(;д;)ブワッ あのイラストがまた!(涙)

鷹斗は撫子と出会って世界に彩りを得たけれど、レインは立て続けに大切なものを失ったことで彩りを失ってしまった人なんだなって。

そんな彼が、自分の望み(= 妹と親友を生き返らせたい)を可能にする頭脳を持つ鷹斗に出会って、そして…―っていう、このすべての始まり感がすごい。

だから鷹斗が研究をせず、撫子がレインと出会わなければ、あの壊れた世界が訪れる未来は来ないんですよね…。

レインに関しては、これから先の未来が、世界が、彼にとって、少しでも優しいものであるといいなと思います。


いつまでも大好きです。 発売6周年おめでとうございます!

↓押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 乙女ゲー | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。