スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「I DOLL U」 プレイ雑記と感想 じわじわ馴染んできたぞ…

I DOLL U」 プレイ雑記と、セイヤレオツバサについての短め感想です。

OP曲がとても好きで何度もリピートしてます!

プレイ雑記はこちら → I DOLL U ①


辛口です。 そういう意見は見たくない!という方はお逃げください。

ネタバレ を含みます。お気をつけ下さい。









セイヤ → レオ → ツバサ → イツキ (今ここ)


話しの通じないキャラを続けてやると私の精神が持たない気がする…と2周目はレオ先輩に突撃。


レオ先輩はちゃんと話が通じる― ( ;∀;)!! なに言ってるのか分かる!よかった!


レオ先輩で気力が回復したので、次はツバサさんへ。
やっぱり本物の悪魔だった!突き抜けてた!

3周目を終え、この作品にもかなり馴染んできたのでこの先何が来ても、もう大丈夫な気がします!
大丈夫!楽しめる!!どんどん来い!(∩*`ω´)⊃))シュッシュッ


ところで、兄(マナカ)について、てっきり「兄は貴方の心の中だけの存在だったのです」的なことかと思っていたのですが、メールや電話が来たり、ルートによっては普通に出てくるので、ちゃんと存在してるんですね。

詳しくは真相ルートで明かされるのかな。


以下、短めキャラ別感想です。 (ごめんなさい、一部辛口です)




セイヤ
※「I DOLL U」のバナーに使用されている画像含めタイトルの著作権は、藤原ここあ/エイベックス・ピクチャーズ株式会社/アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


諸星セイヤ
(CV: 細谷佳正)


個別スチルを全部揃えたら出てくるご褒美CGの表情が好きです。

わんこなところは可愛いんですが、彼が起こす問題やその理由に関しては、ことごとく「それはない…」と思ってしまいました。

設定の都合上とはいえ、あの個人ブログを放置しておくこと自体がそもそもありえない気が…。
(自分の素性を明かさずにこっそりやっていたら、セイヤとバレて問題に…くらいの方がよかったような。もしくは事務所に隠れてこっそり…など)

なぜ彼がこういう言動をするのかという原因についてもあまり納得がいかなかったので、もっと練り込んで欲しかったです。




レオ
※「I DOLL U」のバナーに使用されている画像含めタイトルの著作権は、藤原ここあ/エイベックス・ピクチャーズ株式会社/アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


獅堂レオ
(CV: 下野紘)


ショタなビジュアル・ねこ耳装着・語尾「にゃ」・CV:下野紘 という、狙いすぎなほどに要素揃い過ぎだろ可愛いんじゃー!なレオ先輩ですが、中身は常識人です。

自分の夢への考え方が至極真っ当で、仕事に対する真面目な姿勢にも好感が持てました。
芸歴が長いだけあってプロ意識が高い。

ヒロインが面倒を見るのではなく、レオ先輩に付き添い学ぶうちに尊敬の気持ちが芽生える。
そして、お互いに認め合って、自分のことを見つめ直し夢に向かって進んでいく…な流れで、(所々ツッコミ所はありつつも)恋愛面も含め、とてもまともでした。そして可愛い!

KISSモードスチルの表情が完全に受け…いかがわしいです、先輩。




ツバサ
※「I DOLL U」のバナーに使用されている画像含めタイトルの著作権は、藤原ここあ/エイベックス・ピクチャーズ株式会社/アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


黒夢ツバサ
(CV: 前野智昭)


ファンタジー枠!?? (部屋に棺桶が置いてあって吹きました) 

でも、そう、これです!!
トンデモ展開なら、いっそこれくらい突き抜けている方が楽しめます!

ヒロインに恋をし、どんどん変わっていくツバサさんが可愛かったです。ニヤニヤする!
全然負けないヒロインが良い!!アイカが気丈に言い返したり意志の強さを見せるところが好きでした。

今までの3人の中では一番甘かった…。あれやこれは深読みしていいんですよね…??

ツバサ先輩だけバッドEDにスチルがあります。

一見すると中二病全開な独特な言葉と言い回しをそれぞれに感情を込めて見事に演じ切っている前野さんがすごすきます…好きです…。


次は変態さんに行って、そして大本命(予想)のルカくんにいきますー!

↓押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 乙女ゲー | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。