スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒蝶のサイケデリカ キャラ別感想3 鴉翅、紋白  甘い逃避と、約束

黒蝶のサイケデリカ鴉翅紋白 についての感想です。

次何しようかなあ…。 コドリアFDまでに何をプレイしようか考え中です。

感想記事はこちら   → 黒蝶1
           → 黒蝶2
キャラ別感想はこちら → 緋影
           → 山都


ネタバレ を含みます。ご注意ください。






鴉翅
※「黒蝶のサイケデリカ」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリ―株式会社に帰属します。


鴉翅
(CV: 柿原徹也)


飄々として掴みどころのないように見せかけて、実は物事の本質を突く発言をする子。

彼のルートは「甘い逃避」という印象でした。

過去からも現実世界からも、狭間の世界(館)から抜け出そうという目的さえもすべて忘れて、逃避し続けた末の鴉翅エンド。

いちゃついてはいるけれど、どうにも幸福感がなくて、「これはバッドエンドです」…って実感します。

でも「どこまでも逃避してすべてを忘れて自分だけを選んだ」という状況を考えると、これも鴉翅くんの気持ち的には満たされていることになるのかなー…。


現実世界の彼は結構好きです。 (この微妙な歳の差がいい!)

立ち止まったままでいるタクヤとアイに対して、それをハッキリと指摘するシーンがとにかく印象的でした。
(ここのギスギス感はホントすさまじい)


鴉翅(アキ)くんについては、もっと彼の葛藤や心情を詳しく知りたかったです。

「何も出来ず守られているだけの自分が嫌だった」という過去と「だから変わろうとして明るく振る舞うようにした結果、人気者になって弱い自分と決別できたと思っていた」という部分は分かりました。

その上で、「弱い自分と決別できたと思っていたけど、そうじゃなかった」という部分や彼自身の葛藤をもっと見せて欲しかったです。

やたらと迫ってきたり触ってくるのは、今の自分を見て欲しい、男性として意識して欲しい、っていう強い想いの表れだったのかなー…なんて考えたりしています。


アキエンドのスチル、二人の表情がすごく可愛くて好きです!
恋人同士になったら、待ち合わせして会うたびにものすごく嬉しそうな表情で笑いかけてくれそうなイメージ。





※公式サイトに彼のバナーがなかったので、Amazonリンクを貼ります。キャラクターCD-!


紋白
(CV: 松岡禎丞)


キツネのお面+白髪というビジュアルが儚げでとても魅力的。そして可愛い!!

彼のテーマはやっぱり「約束」ですよね。それから「孤独」。


「アイにリボンを返したい」という気持ちだけを心の拠り所にして、ずっと一人で孤独と寂しさに耐えてきた紋白。

自分のことさえも忘れていく中で、「リボンを返す」ということだけは忘れずにずっとあの館で孤独に過ごしていたことを思うと、切なくてたまりません…(´;ω;`)

全部知った上で見ると、少し幼げで可愛い言動も、彼の何気ない呟きも、何もかもが「うわああ紋白…_(:□ 」∠)_ぶわっ」ってなります。

彼の心(精神面)は、あのときのまま止まっているのかな…とか色々考え出すともう…!!


奈落の闇に紋白を迎えに行くと強く言い切る紅百合ちゃんはかっこよかったです。
やっぱりヒロインが意志をしっかりと持って行動する展開はいい!

(そしてこのルートからは鉤翅の葛藤や迷いも読み取れるのでとても切ない)


紋白エンドは後味が悪かったです…。
このエンド、タクヤとアキも目覚めてないんですよね…。

「希望と絶望を延々と繰り返しながら」という終わりが苦しい。


カズヤエンドの

『ヌケガケ』だから皆が返ってくるまでは『好き』って言うのは、我慢する

というセリフにじーんとしてしまいました。ああ、カズヤも皆のことが大事なんだなって。

こちらは希望を感じさせてくれる終わり方でよかったです。


カズヤくん、ベストエンドや大団円エンドでも、すごく良い味を出していて印象的でした。
(ベストエンドでタクヤに運ばれているシーン好きです)

のんびりしているように見えて、自己主張はしっかりする…みたいな部分が好きです。


→ キャラ別感想4 鉤翅 に続きます。

↓押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 乙女ゲー | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。