FC2ブログ

Dance with Devils ローエン 感想 このルート、ものすごく好みでした

Dance with Devilsローエン の感想です。

フルコンプしましたー!トロフィーも100%達成です!

OP前に出てくるカード、最初に見た瞬間に「これ絶対トロフィーリストにあるわ…」と確信したので、こまめに起動し直して集めました。 100枚は多かったぜ…頑張った!

ダンデビ、予想以上に楽しくてハマってしまいました!


プレイ雑記はこちら → ダンデビ1
          → ダンデビ2 ウリエ
          → ダンデビ3 シキ、リンド
          → ダンデビ4 メィジ、レム

ネタバレ を含みます。ご注意ください






アニメ全話視聴済の状態でプレイしたのですが、ゲームで全員クリア後、好きなキャラに大きな変動が起こりました。

レム様とローエンが特に好きです!!

……あの…リンド兄さんごめん……すっかり魔に魅入られてしまって…←
(※ リンドもメィジもシキもウリエも好きです)







ローエン
(CV: 鈴木達央)


ローエンルート楽しかったあああ!!


気が付いたときには、既に自分の方がほだされてしまっているローエンにニヤニヤしっぱなしでした。
ポメ姿も可愛かった…。


これくらいの高さの達央さんの声はとても好きです。ローエンの口調もツボでした。
十三支演義:夏候惇くらいのトーンも好きだけど、ローエンやVitaminX:翼など、少し高め(?)トーンの演技も好き…


あの、私は常々「自分に何かすごい力が秘められていて誰かに狙われている」という状況の場合、


ただ守られるのではなく、どうにかして使いこなす努力をして自分で戦いたい

誰もが怖れ欲しがるほどの力なら、狙ってきた奴を片っ端から倒して、むしろ従えたい

もういっそ、私が王や魔王になる!くらいの勢いでもいい


……と思っているのですが(ひどい)、アクマルートで、その希望がダークな方向に叶ってテンションが上がりました。

リツカの黒い望みを(それまで命を狙ってきたはずの)ローエンが否定するという流れが非常に好みでした(^q^)

ローエンが、自分の生きる意味ですらあった「グリモワールを手に入れること」よりも、リツカの方が大事になっている、とはっきり言葉に出して選ぶところがよかったです。


アクマエンド両方とも美味しい!


最終的に愛ある上下関係(主人と従者)に落ち着くのも好きです。


ヒトルートの方では、母とマキシスの話が明かされます。

ヒトエンド1は、ローエンの枷をすべて外した上で一緒にいたいという流れになって、とても幸せなエンドでした。
…マキシス様、これを見ると良い主君で良いお父さん…。

ヒトエンド2……ちょっと、待って…これ辛い…やめて…… _(:□ 」∠)_(言葉にならない)


ローエンルートは展開自体も好きなんですが、レムさんがリツカのことを想っていることが言動の端々から伺えて、そこも好きです。


そして、ゲームを終えた後にローエンキャラソンの 「My Opinion」 を改めて聴いたら歌詞が…!!

果てすら知らない世界へ」という言葉がゲーム内でも出てましたね。

もう亡くすことばかりじゃない」のフレーズにローエンの過去を思って泣きそうになる…うっ涙

これ、「My Opinion」 って、マキシス様じゃなくてリツカちゃんに向けてですよねええ泣ける(´;ω;`)

アニメ挿入歌の「ワタクシは~」の方とは、その思いを向けている(忠誠を捧げている)相手が違うんですね!
わああこういうバージョン違い好きです!


どうしようこれ楽しすぎる…他のキャラソンもじっくり聴いてきます!

↓押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 乙女ゲー | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する