スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悠久のティアブレイド キャラ別感想4 クレイドル、サブキャラについて

悠久のティアブレイド」 キャラ別感想4 クレイドル、サブキャラについての感想です。


到着記事はこちら   → ティアブレ到着

プレイ雑記はこちら  → ティアブレ1 
           → ティアブレ2
           → ティアブレ3

キャラ別感想はこちら → シュド
           → アタルヴァ
           → ヤジュル、ロウ
                    

ネタバレ を含みます。ご注意ください。






i05 - クレイドル
※「悠久のティアブレイド –Lost Chronicle-」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリ―株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します


クレイドル
(CV: 柿原徹也)


ネオスフィアの全機能を司る管理AI。

やっぱりメカVer.が一番落ち着く!!


他のルートではサポート役として活躍してくれる彼ですが、そもそも、イヴと一番長く共に過ごしてきたのはクレイドルなんですよね。

そんな二人の絆や信頼感が感じられるルートでした。

さびし、かったのです」にはやられました…。
クレイドル…(´;ω;`)ぶわっ


ちょっと流れが唐突に感じる部分もありましたが、身体を手に入れることでやっと自分が抱いていた感情を認識できた → イヴのことが好きだ、と言う場面は、すごくこの作品らしい、ティアブレならではのシーンだと思います。


短めのルートながら、クレイドルの人型バージョンを存分に楽しめました。
二人のクレイドルがイヴを守るために現れるシーンのスチルがお気に入り。

人型が2種類あるのは、メカVer.クレイドルに対して、各自が持っているイメージに近い方をどうぞ!ということなんでしょうか。

それともサービス…??
今回キャラクターデザインがいけさんときなみさんの二人なので、せっかくなら、それぞれのバージョンをお楽しみください!ということかな??

……などと考えつつ、どちらも好きなので楽しかったです!

子どもバージョンは、とにかく可愛かった…ショタ可愛い!
大人バージョンは、表情がすごく好きです。

それぞれの場合で仲間たちからの反応が違うのも好き。

子どもバージョンのときはアタルヴァが頭を撫でたりするのに対し、大人バージョンでは
シュドが「オレより大きくなりやがって…」なんて言うのが面白いww

子どもバージョンを選んだ場合でも、ちゃんと「恋愛エンド」なのが良かったです。



〈サブキャラについて〉


特に好きなのはカーマインとギル兄さんです…!!

神殿騎士団は、過去話だけで終わるのがもったいないほどに皆魅力的でした。
彼らの話や活躍を見たい。

ギル兄さんには全部持っていかれそうになりました。本当にかっこいいい…。

エルゼの記憶媒体、あれ、なんであんなに切ないの…涙


アルカディアに関しては、てっきりトゥル―エンドで描かれるのかな…と思っていたら、そうではなかったので、彼に「全人類のデータ化」という命を下したのは誰なのか、どういう思惑でそう命じたのか…なども知りたかったです。

アルカディアを見ていて、今年の3月頃にニュースでみた、人工知能が「人類を滅亡させる」と発言したという話を思い出しました。

アルカディア自体は、自身に下された命令を忠実にこなしているだけで、だからこそ、そこには人間的な迷いや遠慮が微塵も存在しないのが怖いところ

…だと思うのですが、クレイドルにも確かに感情があるように、彼にも何かしら、思いが合ったのか…?―など考えたくなってしまいます。

やっぱり、あえて人型を模して造られている、っていうところに、創造者の思惑が何かあるんじゃないかと思いたくなりますね、SF的に…!

↓押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 乙女ゲー | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。